feeling heart to

ファッションとかアニメとか雑記

CASIO G-SHOCK GW-M5600BC-1JF

f:id:petio:20190120231201j:plain

f:id:petio:20190120231237j:plain

10年ほど愛用しています。所有している時計では最古参。

 

f:id:petio:20190120231435j:plain

f:id:petio:20190120231458j:plain

電波時計、ソーラーバッテリー搭載。

マルチバンド5は世界5局(日本2局、北米1局、欧州2局)の標準電波に対応するという意味です。

既に生産終了しているモデルですので、現在は5局に中国を加えたマルチバンド6対応モデルが現行品としてラインナップされています。

 

 

f:id:petio:20190120232117j:plain

f:id:petio:20190120232132j:plain

バンドは金属と樹脂を融合したメタルコアバンドを採用。
留め具は三ツ折れのプッシュ式です。
ストラップの穴に通して止めるタイプよりも着脱が楽。

 

f:id:petio:20190120232600j:plain

(G-SHOCKにしては)本体が薄いので、洋服を重ね着しても邪魔にならず、冬は自然と出番が増えます。

 

f:id:petio:20190120232747j:plain

日常で自販機の取り出し口にぶつけたり、海や温泉に入るときも着用したままでした。

流石に10年使っていると塗装が剥げたり、小傷が目立ってきましたが、全く不具合なくメンテンスフリーで大活躍です。

 

あまり着用しない時期もありましたが、やはり完成されたタイムレスな魅力を持った逸品として改めて魅力を感じています。

ただ、先日フェイス右下のバッテリー表示がLOWを示した時がありました。

暗闇の中でオートELバックライト(時計を水平から手前に傾けるとバックライトが自動点灯する機能)が作動しすぎた事が原因かもしれません。

 

しばらく窓際で太陽光に当てて放置しておくとMIDDLEに戻りましたが、そろそろバッテリーが消耗してきた可能性もあります。

愛着のある逸品ですので可能な限り使い続けたいですが。。